1/700 艦船模型の完成品写真集と作り方の解説サイト

解説!ウォーターラインシリーズ WWII Japanese Warship Models Fan Site

軍艦模型の写真を並べた画像

3.軍艦色の使い分け

軍艦本体色のグレー

 Mrカラー、タミヤアクリルカラーともに、連合艦隊の海軍工廠ごとの色の違いを再現するようになってきました。でも、困ったことにこれらの色の使い分けをまとめた資料が見当たりません。そこで私が今後の自分の制作活動のためもあり、色の使い分けを調査してみました。読者の方も参考にして頂ければと思います。

(考察)

  1. 本体色に佐世保海軍工廠グレイ/佐世保海軍工廠標準色を使用していたのは、三菱重工業長崎で造られた戦艦武蔵が大和よりも明らかに黒い写真が現存することから、佐世保海軍工廠で建造された艦と三菱重工業長崎で建造された艦の両方であると推測されます。
  2. 参考にさせていただいた情報によると、各工廠による色の違いは下図のようになっていたようです。横須賀と呉の発色がほぼ同じで、佐世保が飛び抜けて黒く、舞鶴は横須賀・呉よりも少し白い目の発色になっています。タミヤアクリルカラーには日本軍艦色は「呉」と「佐世保」の2色しかありません。使い分けるとすると、横須賀・呉・舞鶴が呉海軍工廠グレー、佐世保・三菱重工長崎が佐世保海軍工廠グレーということになるでしょうか。多分、それ以上の使い分けは見た目区別が付かないだろうと思われますので意味がないと思います。あえて塗り分けをするなら、呉海軍工廠グレーにつや消し白を30%程度混ぜて舞鶴海軍工廠グレーを作ってやると面白いかも知れません。
  3. Mrカラーの従来の軍艦色2は、GSIクレオスの解釈によれば横須賀海軍工廠グレーに該当するようです。軍艦色2に、CS611 日本海軍工廠標準色セットを加えれば、実在した全色が揃うことになります。海軍工廠以外の民間の造船所(三菱重工業長崎を除く)で建造された艦については調査不能ですので、横須賀か呉あたりの中間的色合いのグレーで塗っておくのが無難ではないかと思います。個人的には格安でもある軍艦色2をお勧めします。
横須賀 佐世保 舞鶴
色見本 横須賀グレイ 呉グレイ 佐世保グレイ 舞鶴グレイ

軍艦本体色の一覧表

 各工廠で塗装されたであろうと思われる艦名を一覧にしてまとめてみました。塗装される際の参考にしてください。実際の色見本とタミヤアクリルの色見本がかなり違いますが、塗料の色見本も実物の発色とは結構違っていますので、塗料を選択される際には別に気にしなくてもいいと思います。

工廠名 実際の色見本 Mrカラー タミヤアクリル 艦名
横須賀 横須賀グレイ
横須賀グレイ
 
軍艦色2
C-32 軍艦色2
呉グレイ
XF-75 呉海軍工廠グレイ
戦艦
陸奥(むつ)・山城(やましろ)
航空母艦
鳳翔(ほうしょう)・龍驤(りゅうじょう)・飛龍(ひりゅう)・翔鶴(しょうかく)・雲龍(うんりゅう)・加賀[三段甲板以前]・龍鳳(りゅうほう)・祥鳳(しょうほう)・瑞鳳(ずいほう)・千代田[空母改装後]
重巡洋艦
 妙高(みょうこう)・高雄(たかお)・鈴谷(すずや)
軽巡洋艦
天龍・能代(のしろ)
駆逐艦
竹・桐・樅(もみ)・櫻(さくら)・檜(ひのき)・楓(かえで)・欅(けやき)・橘(たちばな)・柿(かき)・蔦(つた)・萩(はぎ)・菫(すみれ)・楠(くすのき)・初櫻(はつざくら)
呉グレイ
呉グレイ
 
呉海軍工廠標準色
呉海軍工廠標準色
呉海軍工廠グレイ
XF-75 呉海軍工廠グレイ
戦艦
大和(やまと)・長門(ながと)・扶桑(ふそう)・比叡(ひえい)[改装後]
航空母艦
赤城[三段甲板以前]・蒼龍(そうりゅう)・葛城(かつらぎ)・雲鷹(うんよう)・冲鷹(ちゅうよう)・神鷹(じんよう)・葛城(かつらぎ)・千歳[水上機母艦]・千代田[水上機母艦]
重巡洋艦
那智(なち)・愛宕(あたご)・最上(もがみ)[航空甲板なし]
軽巡洋艦
大淀(おおよど)
駆逐艦
なし
佐世保(三菱重工長崎造船所を含む) 佐世保グレイ
佐世保グレイ
 
 
Mrカラー 佐世保グレイ
佐世保海軍工廠標準色
 
タミヤアクリル 佐世保グレイ
XF-77 佐世保海軍工廠グレイ
戦艦
 武蔵(むさし)・日向(ひゅうが)・霧島(きりしま)
航空母艦
赤城[近代化改装後]・加賀[近代化改装後]・天城・隼鷹(じゅんよう)・千歳[空母改装後]・海鷹(かいよう)・大鷹(たいよう)
重巡洋艦
古鷹(ふるたか)・青葉・羽黒・鳥海・利根(とね)・筑摩(ちくま)・最上(もがみ)[航空甲板あり]・三隈(みくま)
軽巡洋艦
龍田(たつた)・球磨(くま)・多摩(たま)・北上(きたかみ)・木曾(きそ)・長良(ながら)・名取(なとり)・由良(ゆら)・川内(せんだい)・夕張(ゆうばり)・阿賀野(あがの)・矢矧(やはぎ)・酒匂(さかわ)
駆逐艦
澤風(さわかぜ)・矢風(やかぜ)・羽風(はかぜ)・秋風(あきかぜ)・夕風(ゆうかぜ)・神風(かみかぜ)・朝風(あさかぜ)・夕凪(ゆうなぎ)・睦月(むつき)・三日月・東雲(しののめ)・浦波・朝霧(あさぎり)・朧(おぼろ)・暁(あかつき)・初春・若葉・白露(しらつゆ)・夕立(ゆうだち)・朝潮(あさしお)・夏雲・雪風・磯風(いそかぜ)・照月(てるづき)・涼月(すずつき)・新月(にいづき)・若月(わかつき)・霜月(しもつき)・春月(はるつき)・夏月(なつづき)
舞鶴 舞鶴グレイ
舞鶴グレイ
 
Mrカラー 舞鶴グレイ
鶴海軍工廠標準色
呉海軍工廠グレイ
XF-75 呉海軍工廠グレイ
戦艦
なし
航空母艦
なし
重巡洋艦
なし
軽巡洋艦
なし
駆逐艦
海風・春風・松風・旗風(はたかぜ)・峯風(みねかぜ)・沖風・島風・灘風(なだかぜ)・汐風・太刀風・帆風(ほかぜ)・野風(のかぜ)・波風・沼風・如月(きさらぎ)・菊月・吹雪(ふぶき)・初雪・敷波(しきなみ)・夕霧(ゆうぎり)・漣(さざなみ)・響(ひびき)・夕暮(ゆうぐれ)・春雨(はるさめ)・海風・大潮(おおしお)・霰(あられ)・陽炎(かげろう)・親潮(おやしお)・天津風(あまつかぜ)・嵐(あらし)・野分(のわき)・夕雲(ゆうぐも)・巻波(まきなみ)・早波・濱波(はまなみ)・沖波・早霜(はやしも)・島風・秋月・初月(はつづき)・冬月(ふゆづき)・花月(はなづき)・松・桃・槇(まき)・榧(かや)・椿(つばき)・楡(にれ)・椎(しい)・榎(えのき)・雄竹(おだけ)・初梅(はつうめ)
その他 横須賀グレイ
その他
 
軍艦色2
C-32 軍艦色2
呉海軍工廠グレイ
XF-75 呉海軍工廠グレイ
上記以外の艦は民間の造船所で造られていたと考えられます。資料がないのではっきりとしたことは書けませんが、だいたい中間色である呉海軍工廠色(Mrカラーの場合はコストや入手性を考えて軍艦色2)を塗っておけば問題ないと思います。

2.塗装指示(マニュアル補完)

4.空母飛鷹の作り方

ページの先頭へ