1/700 艦船模型の完成品写真集と作り方の解説サイト

解説!ウォーターラインシリーズ WWII Japanese Warship Models Fan Site

軍艦模型の写真を並べた画像

戦艦金剛を作るh2_bg

 ここ数年、フジミから1/700洋上模型が相次いで発売されています。これらのキットは従来のウォーターラインシリーズとは少し異なり、より精密でパーツ点数が多く、難易度も高い目な傾向があります。もちろんその分仕上がりは従来製品を大きく上回るキットが多く、特に艦船模型の中~上級者になれば、挑戦してみる価値のある製品に仕上がっております。

 ここでは、そのフジミ特シリーズの第一弾、精密にして完成度も高く価格も控え目な優良キットである、戦艦金剛に私自身が挑戦した記録を制作記としてまとめてみました。

戦艦金剛キットの箱

金剛製作記

戦艦金剛パーツを並べて

1.組み立て構想を練る

 フジミの新作、戦艦金剛のキットです。フジミ社はこの金剛を皮切りに、高精細なキットを次々発売されています。これらは主に艦船模型中~上級者が大いに楽しめるキットです。  ということで、今回は金剛を作っ…(続きを読む)

艦載機を2機並べて

2.艦載機を作る

 私の場合、ウォーターラインシリーズを作るときはまず塗装の細かい艦載機や救命ボート類を先に仕上げてしまうのが習慣になっておりまして、この金剛でもまず艦載機の零式水上偵察機から作り始めました。  しか…(続きを読む)

金剛の救命ボート類

3.内火艇の製作

 艦載機に続いて、救命ボート類の塗装です。ウォーターラインシリーズのボート類とは少し違った形状ではありますが、他の船と並べた時の見栄えを考えるならばここは同じ色設定で塗ったほうが良いでしょう。 …(続きを読む)

艦底にトップコートを施した様子

4.船体パーツの組み立て

 次は船体パーツの組み立てです。おもりのバラスト(金属板)をくっ付けるときは、極力水平になるように、家の床に押し当てて瞬着でくっつけます。艦底板と舷側パーツは プラ用セメントでくっつけます。これは瞬着…(続きを読む)

アンカーチェーン換装後

5.アンカーチェーンの付け替え

 戦艦金剛キットでの新しい試みとして、艦首の鎖(アンカーチェーン)を金属製の鎖に置き換えてみることにしました。最近は写真のような超極細チェーンが模型店で販売されています。換装前の写真ではアンカーチェー…(続きを読む)

接着前の船体パーツと甲板パーツ

6.甲板パーツの塗装と組み立て

 金剛の甲板パーツの塗装を始めました。このキットの甲板にはおびただしい数の突起物があるので塗り分けが大変です。とりあえずグレーで塗る部分から始めました。土のうや荷物らしき物など、何色に塗ればいいか迷っ…(続きを読む)

グレー色で塗装している様子

7.構造物の塗装

 甲板の塗装が終わってからは、艦上構造物の組み立てとか下塗装とかをチマチマとやっております。作業場の都合上なかなかエアブラシが使いにくいので、エアブラシ塗装が後回しになっておりましたが、本日やっと再開…(続きを読む)

艦上構造物の仕上がり状態

8.構造物の仕上げ

 この日は空いた時間で金剛の下塗装をしていました。具体的には対空兵装と機銃と砲身カバーの白を塗りました。このあたりは筆塗りですね。なるべくゲートにくっ付けたまま塗ってしまい、その後部品を取り付けるとき…(続きを読む)

構造物を取り付けた状態

9.構造物の取り付け

 艦橋や煙突などを船体に取り付けました。非常に鋭角的なキットではあるものの、パーツの咬み合わせ具合はやはりフジミ・・・というかタミヤのキットに慣れ過ぎているのかも知れません。どうにかこうにか大体の造形…(続きを読む)

艦載機の近接写真

10.全体仕上げ

 もう少しで完成です。  この項では機銃や救命ボート、艦載機の取り付けと水性つや消しトップコートの吹き付けをします。  今回2~3失敗した場所もありましたが、まぁまぁキレイに仕上がったのではな…(続きを読む)

フジミ戦艦金剛完成写真

11.戦艦金剛完成

やっとのことで戦艦金剛の完成です。  制作開始。残る工程は艦尾の旭日旗と張り線のみです。張り線は今回資料が無かったので雰囲気が出ればいいかと思って、それらしく張っています。砲座に付いているアンテナ(…(続きを読む)

ページの先頭へ