1/700 艦船模型の完成品写真集と作り方の解説サイト

解説!ウォーターラインシリーズ WWII Japanese Warship Models Fan Site

軍艦模型の写真を並べた画像

7.旗竿と旭日旗の組み立て

 0.5mm径と0.3mm径の真鍮線で旗竿を自作し、そこにあらかじめ印刷してあった旭日旗のシールを、旗竿に取り付けます。真鍮線の接着にはプラ用ボンドは使えないので、瞬間接着剤でくっつけます。今回はゼリー状瞬間接着剤を使用しました。また、金属線を切断するときは、金属でも切れるニッパーを使用しましょう。プラ用ニッパーで斬ると刃こぼれしてしまいます。

艦尾の旗竿

艦尾の旗竿

艦首の旗竿

艦首の旗竿

旗のシールから切り出し

 黒い釣り糸を、MSワードで作った旗用シールを挟み込んでいます。別項でも解説していますが、シールは市販の一番薄いシールを使用してパソコンのプリンターで旭日旗を印刷しています。

艦尾の旭日旗が完成

 旗を瞬間接着剤で取り付けた様子。キットに付いている旗シールがいまひとつ気に入らないので、私はいつもこの自作シールを使用しています。

旗竿と旭日旗の完成

 以上で、戦艦陸奥の組み立てが完了しました。別項のフジミ戦艦金剛に比べるとパーツ数も少なく、シンプルな出来栄えですが、適度な難易度で制作時間も程々なように感じるので、たくさん作って自作の連合艦隊を並べたい人にはウォーターラインシリーズの方がお勧めと言えると思います。

 残りは墨入れと張り線の工程となります。

6.説明書に従って組み立てる

8.最終仕上げ

ページの先頭へ